インドネシア産のコーヒーを日本へ届ける 

2016/06/14 01:03

コピルアクはコーヒーの味のおいしさで世界に有名であります。ジャコウネコの糞からできており、インドネシアのコピルアクは世界で最もおいしいコピルアクだと知られています。「コピ」という言葉はインドネシア語でコーヒーのことであり、「ルアク」というジャコウネコからできているコーヒーなので、インドネシアでコピルアク(Kopi Luwak)と呼ばれています。ルアクのラテン名では「Paradoxurus hermaphroditus」ですよ~!

ルアクというジャコウネコはインドネシアの多くの村でよく見つかります。鶏肉も食べたりしているんですけど実はルアクの一番大好きな食べ物は、果物です!ルアクの嗅力は人間と違って非常に強くて、食事する際には一番おいしく・よく成熟しているものだけを選んで食べます。このために、ルアクが選んだコーヒー豆は一番品質がよく・おいしいコーヒーだけです!驚くほどの才能があるジャコウネコですね。

ルアクの消化器系は非常にシンプルで早いという特長があります。そのため糞は粒の形でそのまま残っています。コーヒーの果実を消化する時は種子以外の中身を消化し、消化器官を通して種子がそのままで出されます。ルアクの消化器系の酵素でコーヒー豆の酸味を減少することができて、非常に品質が高いコーヒー豆を生産することができるようなります。

コピルアクの発見について

コピルアクはインドネシアのオランダ植民地時代に発見されました。
18世紀にオランダはアラビカのコーヒー苗をイエメンからジャワ島とスマトラ島に輸入しました。

当時、農家は強制的にコーヒーを植えないといけなかったですけど、
作物を個人の消費に使うことはできませんでした。労働者たちはコーヒーが大好きなジャコウネコを見つけました。ジャコウネコの糞にはコーヒーの豆が無傷のままの形で残っています。それで、労働者はできていた糞を集め、きれいに洗って、コーヒー豆を焙煎していました。

ルアクのコーヒーは味や香りの面で普通のコーヒーよりも優れており、コピルアクはだんだんオランダの方にも知られるようになりました。
数が少なく、非常に特別な生産方法が必要であるため、コピルアクは植民地の時代からも非常に高くよく評価されているコーヒーでございます。